今日を生き抜け!

――ここは 何故か動物の名を名乗りたがる 謎に満ち溢れた複数の人物が運営する、混沌とした場所です――
<< 憎いし苦痛 | main | Firefox 2.0 正式リリース >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2006.11.04 Saturday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
DEATH NOTE 13
Death note (12) Death note
 大場 つぐみ, 小畑 健


←は12巻ですが、13巻は表紙の絵がアマゾンになかったんです。ごめんなさい。
ペンギン殿を差し置いて、私がデスノについて記事を書くのは非常におこがましいのですが…
ちょっとボソリと呟きたくなったんです。許して下さい。
本当はデスノはペンギン殿に任せて、私はのだめネタにしようと思ったんですが
ごめんなさい。

まあ、前置きはそのくらいにしまして…
デスノ13巻が13日金曜日に出ましたね。
私は一日送れましたが、先日14日に購入いたしました。
これが最後だし、と思って。
もちろん通常版です。
初回限定版につきましては、ペンギン殿が購入しておりますので
その特典についてはぜひとも今後ペンギン殿に熱く濃厚に語っていただくとして…
私は本当にボソリと感想程度のものを。

この本はアレです
よくある『キャラクターブック』みたいな解説本なのですね。本当。
真相というサブタイトルが付いてるだけあって
色々と裏話が多く書かれているのですが
本当に舞台裏なので
むしろ知らないままでいいんじゃないかな?と思う事柄も沢山あります。
私的には、作者の語る舞台裏というのは純粋にその物語を楽しみたいなら知らない方がいいと思うんですよ。夢もへったくれも自分の解釈もなくなってしまいますからね。
しかし、デスノがその手の類の漫画ではないのも充分承知もしておりますが…
でも最終回の様子を見る限り、けっこう読者任せにして終わらせた点が多々あったと思うので
その辺りはあまり語らない方がよかったのではないかと思います。
特に最後の女性が何者かについては、諸説諸々あったようなので
答えはナシでもよかったのに、と思いました。

おそらくペンギン殿がもっと深い事を仰っていらっしゃるでしょうから
その辺りのことは私のようなデスノの素人はあまり口を出さないことにして…

212ページにですね
『わりと適当なキャラタイプ診断』なるものがあったのです。
それでちょっとそれをやってみたのですが…

診断結果…私が似ているのは

リューク…あなたは人間じゃありません

エェェエーー


知らなかった…(゜Д゜)

人間じゃナカッタんダ

ああ…まあいい加減な奴だってのは確かだよ。うん。

そんないい加減な私は、巻頭にある袋とじのカードを未だに開けることができないでいる小心者であります。
【2006.10.15 Sunday 17:12】 author : カラス | アニメ・漫画 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2006.11.04 Saturday 17:12】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
ご無沙汰ですみませぬ。
同じくリュークだったペンギンです。これからは死神ペンギンと名のろうか…。

袋とじを開けずとも、プロフィールでわかってしまうので、知りたくない場合はご注意を。

真相は…恐らく多くの読者が知りたがっている真相は載っていないと思われます。…WJ編集部に踊らされたペンギン、ここにあり。
【2006/10/15 6:39 PM】 ペンギン |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://strange-zoo.jugem.jp/trackback/121
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
【2006/12/11 3:54 PM】 - |
TICKER NEWS
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
BANNERS


PAGETOP